カナダのタックスリターン、自分でやってみた【無料サイトSimpleTax】

カナダの生活

ワーホリで来て一番頭を悩ますもの、それは、、

Tax return(タックスリターン)

ですよね。

ややこしいし、お金払って依頼して手続きしてもらったほうが正確なんだろうけど、お金をかけずにできるのであれば自分でやりたい派。
ということで毎年自分でタックスリターンの申請をしています。笑

ワーホリでカナダに来ている人で、

リターンされるであろう3月頃には日本に帰ってしまっているんですよね…

という人は、たぶん代理店を使ったほうがいいと思います。
というのもどうやって日本の口座に入金したらいいか分からないし、たぶんめんどくさい。
代理店は日本口座への入金もサポートしてくれるので私が日本に帰る、となったときのタックスリターンは代理店にお願いしようと思っています。

そして自信がない、、という方も代理店に頼んだほうがいいかと思います。
自分で申請する=自己責任なので、何かあった時にどうしていいのか私にもさっぱりわかりません。笑
(今回が3回目、今のところ特に何もないですが、、)

これまでの私のタックスリターン遍歴はこちら。

さて、早速無料のサイトを使ってタックスリターン申請をしてみましょう!

スポンサーリンク

①SimpleTaxに登録

まずはSimpleTaxに情報を登録していきます。
https://simpletax.ca/

1. 2019年のタックスリターン開始

Start your 2019 tax returnをクリック。

2. おじさん現る

I'm new to SimpleTaxをクリック

3. SimpleTaxに登録

Sign Upをクリック

メールアドレスを入力してContenueをクリック

4. 氏名等入力

必要事項を入力。
Date of birthはクリックすると選択肢が出てくるのでそれに従って入力しましょう。
(手入力も可。)

5. 住所を入力

アパートに住んでいる人はUnitも忘れずに入力しましょう。

6. 住居について

ワーホリの方は特に関係ないかと思いますのでとてもシンプル。

7. 家族について

配偶者の有無。
この年に結婚した人は(BC州の法律によって)、
Marriedにしてマリッジサーティフィケートを確認してください。

8. その他情報入力

ワーホリで来たばかりの人はCRAでファイリングするのが初めてかと思いますので、上から3番目は【YES】
要注意です!!

9. CRAに関する質問

タックスリターンはCRA(Canada Revenue Agency)から行われるので、CRAへの登録が必要です。
これにアドレスを登録したらCRAからメールが届きます。
そこからCRAのアカウントを作成しましょう。

どこで出てくるか忘れたのですが、対象者にはSimpleTax上でこのような画面が出てきます。

Canada Workers Benefit

私はカナダに来て1年目、7月にバンクーバーに到着して11月から働きだしたので低所得者として認定され、$800返金がありました。
今回は旦那さんのと一緒にファイリングしたので出てきたのでしょうか、、?
1年目と確実に質問が違います。

この画面が出てきたら
Claim the CWB?をYes
disability supplementは障害は関係ないのでNo

あとは状況によって違うかも、、

10. T4の登録

やっとT4の登録です。
虫眼鏡マークのところをクリックすると、
Employment Income-T4
Medical Expenses

ここらへんがワーホリにも関連するところでしょうか。
他にも関係がありそうな項目があれば選択して記載しておきましょう。

Medical Expensesは$300以上実費で払った場合っぽいのですが、とりあえず支払ったものは記載しておけばOK。
控除の金額に達さなければ控除されないだけなので。

T4を選択して必要な個所を入力します。

11. Submit(確定)

これを全部入力し終わると、最後にCheck & Optimiseの部分がになるので、クリックしてSimpleTaxは終了!

代理店に依頼をする前に、自分である程度の金額を知っておきたい、という人はこのSimpleTaxで入力してSubmitしなければ、金額だけ算出することもできます(/・ω・)/
左横に出てくる金額の
・Refundだと戻ってくる
・Owingだと支払いが必要
ということになります。

②CRAに登録

SimpleTaxでファイリングができたらすでに情報はCRAに送られているのでCRAのアカウントを作成して確認します。

Option 1 – Using one of our Sign-In Partners

では、銀行口座を持っていたらその情報を利用してログインができます。
多分これが一番簡単な方法だと思います。

しかし、私はこれでアカウントにログインできなかったので、

Option 2 – Using a CRA user ID and password

を利用してアカウントを作成しました。
以下はOption 2を選択した場合の作成方法です。

1. CRAアカウントの作成

CRAのログインページから
Option 2 – Using a CRA user ID and password
CRA register

SINナンバーを入力してNext

2. 情報を入力

ここでのポイントはline 10100です。
なんだこれー!と思いますが、line 10100 of your 2019 returnとあるので今回もらった2019年のT4を見て、BOX 14がこのline 10100になります。

3. Security Codeの送付

ここでのポイントは

You can choose to receive your security code by email

で、emailをクリックすることです。
私は後でも変更できるかな、と思ってそのままNextを押してしまったのですが、
すぐにSecurity codeをもらうにはCRAへ電話、
郵送でもらう場合は、5-10日待たないといけません。

しかし電話が不安、郵便がいいという人は、そのままNextを押して、Carification - Current postal code or ZIP codeという確認画面になるので郵便番号が合っていたらさらにNext。

電話でSecurity codeをもらう場合、聞かれることは

  • SINナンバー
  • 氏名、誕生日、住所
  • メールアドレス
  • 昨年のNotice of AssessmentのTotal Income

くらいです。

4. IDとパスワードの作成

IDとパスワード設定の条件は上記の通り。
あとは秘密の質問を5つ作ります。

このあと、秘密の質問の確認画面が出てくるのでちゃんと今後わかるように、どこかに記載もしくはスクショしておきましょう!

そしてNextを押すと、

Terms and conditions of useという画面になります。
User IDは入っているので、パスワードを入力してI agree。

そうすると、5-10 daysで郵送が届くからそれのセキュリティーコードを入力しろ、と。

もうどこを見てもメール受け取りに変更できないので5-10 days待ちます。
ちなみにSecurity codeが届くまでは限定的にCRAのマイページを一部見ることができます。

2月25日にCRAの登録をしてSecurity Codeが届いたのが3月6日。
やっぱり10日くらいかかりますね。

郵送されたレターにSecurity Codeがあるので、CRAにログインして入力するのみ。

CRAログイン後

CRAはアカウント作成時に決めたID、パスワード、秘密の質問(5つのうち1つ)を答えてログインいます。

ログインできたらOverviewのところに

Your 2019 return was assessed and a refund of $〇〇 was mailed to you on March 5, 2020.

もし支払いとなってしまったらAccounts and paymentsのところに金額が入っているかと思います。

ここからオンラインで支払いをすることができるのですが、その際はクレジットカードは使用できません。
カナダで作成した銀行口座のデビットカードでお支払いくださいー!

まとめ

以上、こちらでタックスリターンについてまとめてみました。

まとめてはいるのですが、個人の経験をもとに作成しているので間違いがあるかもしれません。
自己責任でお願いします(>_<)

また、Simple TaxでSubmitで確定する前に、合計金額が

RefundではなくOwing

となっている人はどこか入力ミスかもしれないし、Refundにする術を知っているかもしれないので代理店に依頼するのもいいかもしれません。
業者に依頼したうえで支払いとなった場合は、依頼料とCRAへの支払い料金がかかってしまいますが、、仕方ないですね。。

コメント