直火式エスプレッソメーカー/マキネッタを買おうか迷っている人へ。

Hobby & Study

おうちでおいしいコーヒーが飲みたい。。

でもドリップコーヒーってあんまり好きじゃないんだよな~という人にぜひ見てもらいたい!

Yu
Yu

私はドリップコーヒーを飲むと、
なぜか前歯が、ぎんっ( ゚Д゚)とします。
暖かくても冷たくても。


原因は不明ですが、前歯がぎんっとするのが嫌なのもあり、あんまりドリップコーヒーが好きではありません。。

でもラテやモカは大好き。笑
ということでおうちでどうにかラテが飲めないか調べまくりました。

豆選び、淹れ方、お手入れ方法も紹介しているのでこちらもご覧ください^^

スポンサーリンク

マキネッタ(モカポット)とは

・マキネッタ
・モカポット
・モカエキスプレス

などなど、いろいろな名称で呼ばれていますが、実は…全部一緒。笑

イタリア発の小さな直火式エスプレッソメーカーをイタリア語でマキネッタと言います。
ビアレッティ(Bialetti)というおじさんのマークがある会社のものが一番有名で、その会社のマキネッタの中でもモカエキスプレスという商品の知名度が高く、

さらに、マキネッタで作ったコーヒーをモカと呼び、モカを作るポットなのでモカポットとも呼ばれるように。
どれで呼んでも間違いではないですが、マキネッタと呼ばれることが多いようです^^

マキネッタでいれたコーヒーはモカ。エスプレッソではありません。
ここでモカとエスプレッソの違いについて。

モカ
直火式エスプレッソマシンで淹れる。
エスプレッソと同じような仕組みで抽出しますが、高圧抽出にはならないため、エスプレッソではなく、モカコーヒーとして区別される。
味は強いが、濃度はエスプレッソより低い。
クレマができないのでラテアートは難しい。

エスプレッソ
エスプレッソは、エスプレッソマシンを使って、高圧蒸気でいれたコーヒー。
そのため、クレマと呼ばれる細かい泡があるのが特徴。
クレマがあるのでラテアートができる。

エスプレッソマシンを自宅用に買おうと思うと10万円近くかかりますが、マキネッタは小さいものだと3000円程度で購入でき、しかもエスプレッソに近い濃いコーヒーができるのでラテ好き、初心者にはおすすめ!

スポンサーリンク

どれがおすすめ?

ビアレッティのマキネッタ(6カップ用)
価格 $60CADくらい


GROSCHEのマキネッタ(3カップ用)
価格$30CADくらいでしたが、日本で購入すると高いですね…
ビアレッティの3カップ用でももちろんOK(^^)/

の2つを持っています。

Yu
Yu

マキネッタ選びの基本は

  • IH対応か
  • ステンレスかアルミか
  • 何人で飲むか
  • 価格

がメインになるかと思います^^

IH対応か

海外に住んでいると、ぐるぐるコンロがメインなのですが、日本ではIHヒーターがメインなので、購入しようとしているモカポットがIHヒーターに対応しているかを確認する必要があります。

なぜIHヒーターが使えないかというと、

IHヒーターは底が12cm未満のものでは作動しないから

へー、知らなかった。
IHヒーターに「ラジエントヒーター」(赤く光って発熱する調理器)が併設されている場合は、アルミ製、ステンレス製にかかわりなくどの機種も、使用できるようです(/・ω・)/

IHヒーター対応のマキネッタもありますが、直径の小さいマキネッタをIHヒーターで使えるようにするためのヒーティングプレート(金属板)もあるので、気に入ったマキネッタがある!という場合はこちらのプレートを購入するのもいいかもしれません(^^)/

ステンレスかアルミか

マキネッタにはアルミ製、ステンレス製があります。

アルミ製
溶かしたアルミ合金を鋳型に流し込んで作るため、量産しやすく価格も安い。
昔からあるのがこのアルミ製。直火式エスプレッソマシンとして有名なモカエクスプレスも、このアルミ製。

ステンレス製
ステンレスは耐食性・耐久性に優れた金属で、汚れやさびに強いのが特徴。
アルミ製と比べて原料価格や製造にかかるコストが高価なので、購入価格もアルミ製より高め。

材質の違いによる味の差は、あまり感じられないです。

アルミ製は、洗った後にちゃんと乾かしたり拭いたりしないと器具の内部に黒く変色した部分が出来たりします。むしろちゃんとしていても少しこの変色は起こります。

Yu
Yu

人体には影響はないみたいですが、次使おうとしたときに真っ黒だとテンションが下がってしまうので、洗った後は水分を拭き取って乾燥させてからしまっておくといいと思います!

その一方、サビに強いステンレス製は汚れや変色に強く、汚れがつくことはあまりありません。

アルミ製もステンレス製も洗剤を使わずに洗うのがポイント!

飲む人数

これが一番重要。
何人で飲むかでカップ数が変わってきます。

直火式エスプレッソマシンで淹れた場合、1カップがおよそ50㏄。
ドリップコーヒーやインスタントコーヒーに慣れている人は
え!!すくな( ゚Д゚)!!
思ってしまいますが、ドリップコーヒーやインスタントコーヒーと比べてとても濃厚なので、ラテやカプチーノなど、ストレートではなくミルクを使って飲むにはとてもいい量です。

Yu
Yu

私は通常、旦那と2人で飲むので、3カップ用がベスト。
1.5カップずつ入れて温めてミルクフォーマーで泡立てたミルクを約200ml入れて飲みます。
1人で飲むときは約2カップ分入れて、ミルクを少し多めで飲みます。

直火式エスプレッソマシンは、器具の容量分に合わせて作ります。
ということは、、そう。

6カップ用の器具で3カップ分だけ、と減らして作ることはできません。
6カップ用なら6カップ分作ります。

豆の量を減らしたらいいじゃん

と私も思ったのですが、豆の量を減らしてコーヒーバスケット内の密度が下がると、抽出するときに圧力が十分に加えられず、薄いコーヒーができてしまうのです。。

それでもやっぱり減らして作りたい!という場合は、減量フィルターで器具容量の半分だけでもエスプレッソを作ることができます。それでも少し薄めになってしまうこともあるようなので、やはり通常飲む量を考えて購入したほうがよさそうです。

実際使ってみた

新品だと最初はどうしても金属臭い感じがするので、私は最初2回水だけで沸かして、1回コーヒーを入れて捨てました。
そして次からは特に金属臭い感じもなくおいしく飲めました^^

これで自宅でも気軽にラテが飲める~!うれしい!

次回はモカポットを使ってコーヒーの淹れ方、おすすめの豆、お手入れ方法を紹介します(/・ω・)/!


コメント